Member Login

Skype ID :

Password :

ログイン情報を記憶

パスワードを忘れた場合はこちら

Agreement - 利用規約

Top » 利用規約

Rainbow Language Schoolのユーザー登録、ご利用にあたり、以下の利用規約に同意していただく必要がございます。

  • (利用規約)
    第1条
    この利用規約は、Rainbow Language School (以下「甲」とします)が提供する英会話レッスン及び、これに付随するサービス(以下「本サービス」といいます。)を、本会員(以下「乙」といいます。)が利用するためのルールを定めるものです。
  • (利用規約の範囲)
    第2条
    当サービスが提供するサービスは甲のホームページ上に規定するものに加え、甲が乙に対して電子メール等で発信する情報も含めます。
  • (利用規約の変更)
    第3条
    甲は乙の了承を得ることなく利用規約を変更することができるものとします。 変更後の利用規約はウェブ上に表示した時点で効力を生じるものとします。
  • (禁止事項)
    第4条
    以下に記載する禁止事項が発生した場合には、お客様のIDを停止し、本会員を退会していただきます。 その場合には、既に支払済みの会費などについても一切返却できませんので、予めご了承ください。
    1. 当サービスを許可なく、複製、掲載、配布した場合。
    2. 甲の名誉、信用、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権、肖像権、プライバシーを侵害する行為があった場合。
    3. 当サービスへの支払いを怠たり、催促にも応じない場合。
    4. 当サイトの登録講師に対して、私的なコンタクトをした場合。
    5. 当サイトの登録講師の引き抜きなど、運営を妨げるような行為。
    6. 当サイトの登録講師に対してレッスンの進行を妨げる行為を行った場合。
    7. 乙が未成年、成年被後見人、被保佐人、被補助人の何れかであり、登録の際に保護者、法定後見人等の同意を得ていない場合。
    8. 当サービスの運営上支障をきたす様な行為があった場合。
    9. アカウントを複数の生徒様で共有し、利用する行為。
    10. 複数のアカウントを所持し無料体験レッスンをを幾度も利用する行為。無料体験レッスンは当本人が2レッスンを消化した時点で終了となります。
    11. 入会申込の際の申告事項に虚偽、誤記または記入もれがあった場合。
    12. 過去において甲より除名処分を受けたことがある場合。
    13. その他、甲が不適当と判断する行為。
  • (サービスの詳細)
    第5条
    以下に記載する禁止事項が発生した場合には、お客様のIDを停止し、本会員を退会していただきます。 その場合には、既に支払済みの会費などについても一切返却できませんので、予めご了承ください。
    1. 乙は甲が別途定める利用料金を以下の方法で支払うことで当サービスを利用することができます。   1ヶ月分の利用料金をクレジットカードにより支払う   3ヶ月分の利用料金を銀行振込みにより支払う
    2. レッスン予約日の前日までに甲の提示するキャンセルフォームよりレッスンのキャンセルを申し出た場合は甲は乙に1レッスン分を返還をするものとする。
    3. 甲が電子メールにて乙の支払いを確認した旨を連絡した日付から起算して8日以内の解約の場合を除き、甲は原則として、乙にいかなる理由があったとしても、解約時の料金の返金はしません。また、乙の通信環境・通信接続や通信ソフトウェアおよび接続状況等の障害により本サービスの利用が困難であった場合も同様とします。また、レッスン提供国において突然発生するシステム障害・国内情勢・自然災害等、甲の責任によらない理由で、レッスンの受講が一時的に困難であった場合も同様に返金しません。ただし、本条に関して疑義が生じた場合には、甲乙協議の上、解決するものとします。
    4. 講師側の特別な理由で講師がレッスンに出席してこなかった場合、または甲の責任によるトラブルでレッスンが正しく行われなかった場合は、乙に対して1レッスン返還するとともに謝罪するものとする。
    5. レッスンの予約は、レッスン希望日の前日まで可能とし、それ以降の予約は受け付けません。
    6. 乙のレッスン当日の遅刻はレッスン開始時刻より10分までとなります。10分を過ぎてからのレッスンは受けることが出来ませんのでご注意ください。またこの場合レッスンを受けれなかった場合でも、1レッスン分の返還はされませんのであらかじめご了承ください。
  • (本サービスの使用開始日)
    第6条
    本サービスは、甲が乙に対してEメールにより本登録完了を通知した時点で使用期間を開始日とします。
  • (本サービスの中断・解約)
    第7条
    甲は当サービスの中断もしくは解約をお問い合わせフォームから 電子メールでの通知をもって行うことができます。クレジットカードでお支払いの方は退会の旨を毎月の月会費の支払日の一週間前までに送信した場合、その翌月からの支払は一切発生しないこととします。銀行振込でお支払いの方は支払い確認通知を送付した日から 起算して90日以内に、当サービス利用の継続手続きを行わない場合は、 当サービスの利用の継続する意思がないものとみなし、退会となります。当サービスを3ヶ月間利用した後、引き続き本サービスを利用するには、 乙は甲の電子メールによる支払い確認通知を送付した日から起算して90日以内に 甲に対して、3ヶ月間分の利用料金を支払う必要があります。またスカイプの障害、 国内外の政治情勢・自然災害等甲の責任によらない事由で当サービスの提供が困難な場合は サービスを中断できるものとします。
  • (登録情報の取り扱い)
    第8条
    甲は乙の個人情報を個人情報保護法により管理するものとしますが乙自身から講師個人へ伝えた個人情報に関して甲は一切責任は取らないものとします。
  • (情報配信)
    第9条
    甲はメールマガジン希望をされる乙に対して電子メールによる通知、広告等を実施できるものとします。
  • (スカイプの利用)
    第10条
    甲はスカイプが提供するサービスを用いてサービスの提供を行っております。 スカイプの利用に際し、乙は下記の内容について同意したものといたします。
    1. 当サービスの利用前までに通話ソフトウェアをダウンロードし、その機能を確認することは乙の責任とします。
    2. 通話ソフトウェア及びその利用に必要なハードウェアの故障及び設定不備により、当サービスが利用できない場合、 甲は一切責任を負いません。
    3. レッスン開始後に発生した通話ソフトウェアそのもの機能の不具合について、 甲は一切責任を負いません。
    4. 甲はスカイプの事情により生じたトラブルについては一切責任を負いません。 またスカイプが提供するサービスに関するお問い合わせについては、一切受け付けておりません。
  • (著作権および所有権)
    第11条
    当サービスに関する商標、ロゴマーク、記載等についての著作権、所有権は全て甲に帰属します。 これらを乙が甲に無断で使用することを禁じます。
  • (準拠法および専属的合意管轄裁判所)
    第12条
    本規約の準拠法は日本法とします。また、当サービスまたは利用規約に関連して 甲と乙の間で生じた紛争については東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

付則 本規約は2009年7月1日より実施いたします。